KnowledgeCore ナレッジコア

トップ >  経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ

経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ | H30年4月/改正前も簡単切替

「評点算出」画面

経審大臣(R)シリーズ全製品で建設業許可・更新申請書類をサポートしたバージョンを発売しています。 主な変更点はこちらをご覧下さい。

複数社の財務諸表入力・評点算出に対応、簡単に切り替え。 経審改正前の評点も切り替えて算出。 さらに、新年度追加で前年データも有効活用。

経審大臣(R)Super以上では、 JV連結決算にも対応(機能比較はこちら)。

お知らせ

平成31・32年度国土交通省入札申請書に対応 → 詳細はこちら

お持ちのお客様はアップデートして下さい。 更新情報はこちらをご覧下さい。

「基礎情報・会社選択」画面の会社リストを期末日順に並び替え → 詳細はこちら

社員マスターの生年月日を西暦でも入力、年齢も表示 → 詳細はこちら

バージョンアップサービス延長1年間分と引き替えにソフトを無料追加提供 → 詳細はこちら

種類別(元請)完工高積み上げの評点算出に対応 → 詳細はこちら

平成30年4月改正に対応

平成30年4月改正に対応した経審評点算出ソフトです。 改正前評点昨年度の経審評点も切り替えて表示・算出。 平成30年4月改正対応の変更点はこちらをご覧下さい。

オンライン経営状況分析申請

オンライン経営状況分析申請に対応しています。 サイトへのログインは不要で、ボタンクリックで、オンライン経営状況分析申請ができます。

弊社関連会社の経営状況分析機関に、 分析手数料5千円(税別:2018年12月末日までのキャンペーン価格)で経営状況分析申請ができます。2019年1月からは7千円(税別)になります。 さらに、経営状況分析申請でバージョンアップサービス期間を延長します。 取引関係のある建設会社などで、同じパソコンからオンライン申請すれば、 その申請数分だけバージョンアップサービス期間の延長が受けられます。

複数社の評点算出・財務諸表作成に対応

複数社の評点算出・財務諸表作成に対応。会計士・税理士・会計事務所でも有効活用できます。 シリーズ内の製品間で相互にデータ交換も簡単です。 画面サイズの小さいノートパソコンでも スクロールなしで評点算出

新年度データの入力は新年度追加を実行。 昨年入力した財務諸表・種類別完成工事高等は、前年データとして有効活用。 過去の決算期を選択すれば、過去の評点算出も可能です。

連結決算決算期変更の経審評点算出も可能です。 (*)経審大臣(R)Super以上で対応。

財務諸表は金額入力だけ、任意の勘定科目追加も可能

財務諸表金額入力だけで完成。 法人用、個人用、連結財務諸表の作成に対応。 任意の勘定科目追加も可能です。 勘定科目名は色分けして表示しています。

  1. :既定の勘定科目
  2. :科目名の入力が必要な準備金/積立金など
  3. :科目追加したもの

追加した勘定科目は、翌年度の財務諸表作成時にも自動設定。再度科目追加する必要はありません。

申請書 作成機能

経審・建設業許可・更新申請書作成に対応しています。 経営規模等評価申請書、種類別完成工事高、その他の審査項目申請書は、最高の評点算出結果に基づいて申請書を作成できます。 印鑑画像を含めたPDF作成エクセル出力も可能です。

技術職員名簿は、並び替え年齢更新重複業種チェックなど多くの機能があります。

工事経歴書は、都道府県市区町村名の自動登録並び替えなど多くの機能があります。

無料で資料一式をお送りしています

無料でソフトの資料一式をお送りします。 経審大臣(R)フリー版はこちらから請求できます。


トップ
資料請求
機能比較
お申し込み
オンラインショップ
評点算出
改正前評点
スクロールなしで評点算出
完工高 積み上げ
連結決算対応
財務諸表
勘定科目追加
金額移行・合算
一括印刷・PDF作成
直前三期比較
申請書
経営状況分析申請書
技術職員名簿
工事経歴書
入札申請書
サポート
FAQ(よくある質問)
お問い合わせフォーム
関連サイト
経審(経営事項審査)解説
建設業財務諸表解説