KnowledgeCore ナレッジコア

トップ >  経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ >  建設業財務諸表 >  金額移行・合算

金額移行・合算 | 建設業財務諸表 | 経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ

経審ソフト 経審大臣(R)シリーズでは、任意の勘定科目の金額移行・合算が可能です。

金額移行・合算

間違えて入力した金額を他の勘定科目に金額移行したり、合算する機能があります。 合算時でも誤差が生じることはありません(各金額は円単位)。

金額を移行・合算したい勘定科目をマウス左クリックで「勘定科目 入力・変更・追加・削除」画面を表示させて、 [金額移行・合算]ボタンをクリックして下さい。

「財務諸表 金額移行・合算」画面

移行・合算先の科目選択

移行先(合算先)の勘定科目を選択すると、実行後の勘定科目金額等が表示され、 [金額移行・合算 実行]ボタンをクリックできるようになります。

[金額移行・合算 実行]ボタンをクリックすると、確認メッセージ表示後、金額移行・合算を実行します。

□科目削除 チェックボックス

□科目削除 チェックボックス

□科目削除チェックボックスをチェックしておくと、 金額移行・合算と同時に、追加科目の削除もできます。 (*)削除できるのは文字色が橙色の追加科目だけです。削除前に確認メッセージを表示します。

お知らせ・ご注意

  1. 法律で決められた最初からある勘定科目(文字色:黒)は、削除/変更できません。
  2. 建設業財務諸表では、法律で決められた勘定科目に振り分けて作成することが基本になります。 すでにある勘定科目に該当する場合には、むやみに科目追加しないで下さい
  3. 追加した勘定科目(文字色:橙)は、削除/変更できます。
  4. 準備金/積立金等の科目名の入力が必要な勘定科目(文字色:青)は、1つ以上の追加分については、削除できます。
  5. 流動資産の部の最後の科目「その他」の後など、一部勘定科目を追加できないところがあります。
  6. 「完成工事原価報告書」など、法律で勘定科目を追加できないと定められている財務諸表では、勘定科目追加をサポートしていません。

トップ
 ・資料請求
経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ
見積ソフト 見積大臣シリーズ(R)
工事経歴書ソフト 入札大臣(R)
建設業許可ソフト 更新大臣(R)
お申し込み
 ・オンラインショップ
 ・FAX
 ・バージョンアップサービス
サポート
 ・お問い合わせフォーム