KnowledgeCore ナレッジコア

トップ >  経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ >  製品間のデータ交換

製品間のデータ交換 | 経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ

最新バージョンでは、製品間のデータ交換がより簡単になりました。

最新バージョンでは、シリーズ全製品で同じデータ保存方法に統一しましたので、データファイルをコピーするだけでも、 簡単にデータの移行が完了します。

会計事務所等では、経審大臣Premium(R), 経審大臣(R)Super+経審大臣(R)Superなどの高機能な製品をお使い頂き、建設会社では最も低価格な 経審大臣(R)あるいは経審大臣(R)フリー版を お使い頂くことでも、簡単にデータ交換できます。

一括バックアップ/復元

「バックアップ/復元」ボタン

複数の会社データを一括して他のパソコンに移行したり、製品間でデータ移行するには、 起動時画面の[バックアップ][復元]ボタンから実行して下さい。

あるいは、起動時画面のメニュー「バックアップ」の「ZIPファイルにバックアップ/復元」から実行しても同じです。

特定の1社のバックアップ/復元

「バックアップ」メニュー

特定の1社の会社データを他のパソコンに移行したり、製品間でデータ移行するには 「ZIPファイルに個別バックアップ/復元」を行って下さい。

「ZIPファイルに個別バックアップ/復元」は起動時メニューの「バックアップ」から行って下さい。

「ZIPファイルから個別復元」を行うと、新しい会社データとして追加されます。 経審大臣(R)フリー版では、1社のみの対応なので、既に登録されている会社データを削除後に復元されます。

経審大臣(R)旧バージョンデータ取り込み

経審大臣(R)旧バージョンデータ取り込み

経審大臣(R)旧バージョンデータファイル(拡張子kck)は、取り込みのみ可能です。

起動時画面のメニュー「ファイル-経審大臣(R)旧データ取り込み」を実行します。

経審大臣(R)Super(+)旧バージョンデータ取り込み

経審大臣(R)Super(+)旧バージョンデータ取り込み

経審大臣(R)Super(+)旧バージョンデータファイル(拡張子kcs)は、取り込みのみ可能です。

起動時画面のメニュー「ファイル-経審大臣(R)Super(+)旧データ取り込み」を実行します。

データフォルダ名は「基礎情報・会社選択」画面に表示

現在選択されている会社のデータフォルダ名は「基礎情報・会社選択」画面に表示されます。

旧バージョンデータ取り込みは拡張子kckのデータファイルを先に作成すると便利

旧バージョンの経審大臣Premium(R), 経審大臣(R)Super, 経審大臣(R)Super+のデータを 最新バージョンのフリー版に取り込むには、 先に旧バージョンソフトで、拡張子kckのデータファイルを作成すると便利です。 (*)フリー版と経審大臣(R)Superなど、製品名が異なる場合は同じパソコンにインストールできます。

旧バージョンソフト起動時画面のメニューから「経審大臣(R) エクスポート」を行うと、 現在選択されている会社のデータファイル(拡張子kck)が作成されます。 この拡張子kckのデータを最新バージョンソフトの起動時画面のメニュー「ファイル-経審大臣(R) 旧データ取り込み」を実行します。


トップ
 ・資料請求
経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ
見積ソフト 見積大臣シリーズ(R)
工事経歴書ソフト 入札大臣(R)
建設業許可ソフト 更新大臣(R)
お申し込み
 ・オンラインショップ
 ・FAX
 ・バージョンアップサービス
サポート
 ・お問い合わせフォーム