KnowledgeCore ナレッジコア

トップ >  経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ >  平成30年4月改正対応の主な変更点

平成30年4月改正対応の主な変更点 | 経審ソフト経審大臣(R)シリーズ

平成29年12月26日官報掲載の国土交通省告示第1196号で経審改正が制定されました。 国土交通省ウェブサイト「経営事項審査」はこちらをご覧下さい。

経審ソフト経審大臣(R)シリーズでは、この改正に対応しています。 平成30年4月改正と改正前のどちらでも評点算出できます。 簡単に切り替えて評点算出できます。 評点算出画面の評点算出設定リストに「平成30年4月改正」を追加しています。 改正前の評点算出はこちら平成30年4月経審改正についてはこちらをご覧下さい。

今回の改正で、評点変化が予想されるのは以下のケースです。

  1. 防災協定を締結している場合
  2. 建設機械の保有台数が1台など少ない台数の場合
  3. その他評点Wが現在0点の場合(計算値がマイナスの場合)

具体的な算出方法等の変更は、以下の通りです。

  1. 防災協定の締結 加点幅拡大
  2. 建設機械の保有状況点数 加点方法の見直し
  3. その他評点Wのボトム値(0点)の撤廃

防災協定の締結 加点幅拡大

防災協定を締結している場合、 現行制度では15点の加点でしたが、20点に拡大されます。

建設機械の保有状況点数 加点方法の見直し

建設機械の保有状況点数は、現行制度では、1台から15台まで、 1台につき1点加点されていましたが、少ない保有台数でもより点数アップするように、1台目を5点として、 テーブルを変更します。最大15点は変更ありません。

また、大型ダンプ車について、現行は自家用だけが加点対象となっていますが、主として建設業の用途に使用して、 災害時に活躍する営業用の大型ダンプ車も評価対象に追加します。

その他評点Wのボトム値(0点)の撤廃

その他評点Wは、計算値がマイナスのとき、 現行制度では0点として扱われていましたが、この最低値0点を撤廃して、 マイナス値をそのまま総合評点Pの算出に使用します。 このため、計算上は総合評点Pがマイナスのケースもあり得ます。

JV評点算出時にも平成30年4月改正了承案の追加と評点W・Pのマイナス値を許容

JV評点算出時にも平成30年4月改正了承案の設定追加と、 その他評点W及び総合評点Pのマイナス値を許容するように変更しました。

お知らせ・ご注意

  1. 平成30年4月改正対応バージョンでは、データの拡張等を行っています。 このため、新バージョンで作成・編集したデータは、旧バージョンでは絶対に使用しないで下さい
  2. 改正前の経審評点も算出できます。簡単に評点算出設定を切り替えて、経審評点算出・印刷・プレビュー・PDF作成できます。

トップ
資料請求
機能比較
お申し込み
オンラインショップ
評点算出
改正前評点
スクロールなしで評点算出
完工高 積み上げ
連結決算対応
財務諸表
勘定科目追加
金額移行・合算
一括印刷・PDF作成
直前三期比較
申請書
経営状況分析申請書
技術職員名簿
工事経歴書
入札申請書
サポート
FAQ(よくある質問)
お問い合わせフォーム
関連サイト
経審(経営事項審査)解説
建設業財務諸表解説