KnowledgeCore ナレッジコア

トップ >  見積ソフト 見積大臣(R)シリーズ >  FAQ(よくある質問) >  LAN対応版

LAN対応版 | FAQ | 見積ソフト 見積大臣(R)シリーズ

Q

LAN対応版でクライアント数を追加したいのですが?

A

1.見積大臣(R)シリーズのバージョンが同じ場合

念のためデータのバックアップを取って下さい。 見積大臣(R)シリーズ本体のみをアンインストール後、再度インストールして下さい。 見積大臣(R)起動時に「ライセンス認証」画面が表示されますので、 追加した新しいライセンス数と新しいシリアル番号でライセンス認証を行って下さい。

追加分のパソコンについては、見積大臣(R)シリーズ本体とSQL Serverをインストール後、 ライセンス認証を行って下さい。

2.見積大臣(R)シリーズのバージョンが新しい場合

使用する全てのパソコンに新しいバージョンをインストールして下さい。 インストール後、新しいシリアル番号とライセンス数でライセンス認証を行って下さい。

Q

サーバPCを変更したいのですが?

A

サーバPCを変更する際には、以下の手順で行って下さい。
  1. サーバとして使用しているパソコンでデータバックアップ

    データのバックアップはメニュー画面から[バックアップ]ボタンを クリックしてバックアップファイルを作成して下さい。

  2. 新たにサーバとして使用するパソコンをサーバとして設定

    サーバとしての設定は「見積大臣(R)シリーズ LAN対応版マニュアル」をご覧下さい。 すでにクライアントとして使用していたパソコンをサーバとして使用する場合には、 SQL Serverを「混合モード(SQL Server認証モードとWindows認証モード)」 に変更して、さらに、リモート接続の有効化を行う必要があります。

  3. 新たにサーバとして使用するパソコンでデータ復元

    データの復元はメニュー画面から[復元]ボタンをクリックして、 作成したバックアップファイルを指定して復元して下さい。

  4. クライアントパソコンで見積大臣(R)シリーズ起動時に表示される接続先「リモートサーバ名」を新しいサーバ名に変更

Q

クライアントPCを変更したいのですが?

A

クライアントPCを変更するは、サーバPCで「PC一覧」を実行して、使用しなくなったPC名を削除して下さい。 クライアントPC名は、クライアントからサーバに接続したときに自動的に登録されます。 「PC一覧」はサーバーパソコンの見積大臣(R)シリーズ起動時のメニューから「ファイル-PC一覧」を実行して下さい。 新しく使用するクライアントPCは、見積大臣(R)シリーズ本体とSQL Serverをインストールした後、 LAN対応版マニュアルを見ながら、ファイアウォールの設定を行って下さい。 次に、起動時の接続画面「□リモート接続する」チェックボックスをチェックしないで、単体で動作することを確認して下さい。 次に、見積大臣(R)再起動後、起動時の接続画面「□リモート接続する」チェックボックスをチェックして、 サーバPC名を入力して、サーバのデータを参照できるか確認して下さい。

Q

「ライセンス数をオーバーしています」というメセージが表示されますが?

A

クライアントPCからリモート接続しようとして、「ライセンス数をオーバーしています」というメセージが表示される場合は、 古いクライアントPC名が残っている可能性があります。この場合には、サーバPCで「PC一覧」を実行して、使用しなくなったPC名を削除して下さい。 クライアントPC名は、クライアントからサーバに接続したときに自動的に登録されます。 「PC一覧」はサーバーパソコンの見積大臣(R)シリーズ起動時のメニューから「ファイル-PC一覧」を実行して下さい。

FAQ(よくある質問)トップへ


トップ
資料請求
機能比較
お申し込み
オンラインショップ
バージョンアップサービス
製品の特長
階層対応
検索機能
簡易印鑑機能
印鑑画像等登録
LAN対応版
明細入力・原価計算
原価・粗利計算
検索・置換
印刷機能
印刷レイアウト
簡易印鑑機能
マスター登録
単価データ
税抜/税込登録
サポート
FAQ(よくある質問)
印刷サンプル
更新情報
動作環境
お問い合わせフォーム