KnowledgeCore ナレッジコア

トップ >  見積ソフト 見積大臣(R)シリーズ >  FAQ(よくある質問) >  動作環境

動作環境 | FAQ | 見積ソフト 見積大臣(R)シリーズ

Q

データ容量が不足しませんか?

A

SQL Server 2012 Express以降では、 最大10GBまでのデータ容量を確保できます。 過去のバージョンでは、データベースエンジンにSQL Server 2008 Expressを使用していましたので、 このデータベースエンジンの制約によって、最大のデータ容量は4GBに制限されていました。 但し、4GBでもデータ容量が一杯になった等のお問い合わせを受けたことはありません。 10クライアント以上のLAN対応版のお客様でもそのようなことはありません。 見積データ自体は基本的に文字データなので、4GBに達するようなことはまず考えられません。 また、印刷レイアウトに印鑑画像等を取り込むこともできますが、通常は1画像につき数十KB程度で十分収まります(GIF形式等)。 10GBを超えるようなケースは、単価データ等に百万件以上の大量のマスター登録を行うなど、かなり限られたケース以外は考えられません。

Q

VPN環境で動作しますか?

A

「見積大臣(R)シリーズ LAN対応版」は、VPN環境でも動作します。 詳細はこちらをご覧下さい。

Q

Windows 10で動作しますか?

A

32bit, 64bit版のどちらでもご使用になれます。 Windows Update(正確にはMicrosoft Update)を行って最新のWindows環境にしてからインストールして下さい。 特にWindows 10の場合は、約4ヶ月に1回の割合で大幅なアップデートがあります。 Windows Updateにつきましてはこちらをご覧下さい。 なお、Windows XP以降に追加されたユーザー簡易切替などの機能につきましては対応していません。

Q

インストールしたユーザ以外で使用しようとすると、起動時にエラー表示されますが?

A

インストールしたユーザー以外で使用する場合には、SQL Serverに使用するユーザに権限を追加する必要があります。 権限の追加は、「Microsoft SQL Server Management Studio」を使用するなど、複数の設定が必要です。 インストールしたユーザーで使用されることをお勧めします。

FAQ(よくある質問)トップへ


トップ
資料請求
機能比較
お申し込み
オンラインショップ
バージョンアップサービス
製品の特長
階層対応
検索機能
簡易印鑑機能
印鑑画像等登録
LAN対応版
明細入力・原価計算
原価・粗利計算
検索・置換
印刷機能
印刷レイアウト
簡易印鑑機能
マスター登録
単価データ
税抜/税込登録
サポート
FAQ(よくある質問)
印刷サンプル
更新情報
動作環境
お問い合わせフォーム