KnowledgeCore ナレッジコア

トップ >  見積ソフト 見積大臣(R)シリーズ >  FAQ(よくある質問)
    >  SQL Server変更(LAN対応版)

SQL Server変更(LAN対応版) | 見積ソフト 見積大臣(R)シリーズ

Q

SQL Serverを変更したいのですが(LAN対応版)?

A

ここではLAN対応版の場合について説明しています。 通常版(スタンドアロン版)の場合はこちらをご覧下さい。

1.データのバックアップ

使用しているSQL Server 2014 ExpressをSQL Server 2016 Expressに変更するには、 まず、サーバパソコンでデータのバックアップをとります。 データのバックアップは、[バックアップ]ボタンをクリックすると、バックアップファイルを作成できます。 (*)クライアントパソコンではバックアップをとる必要はありません。

2.SQL Server 2016 Express インストール

SQL Server 2016 Expressがインストールされていない場合には、 SQL Server 2016 Expressをインストールして下さい。 インストール方法は「セットアップガイド」をご覧下さい。 なお、サーバパソコンについては混合モードでインストールする必要があります。 詳細は「LAN対応版マニュアル」をご覧下さい。

SQL Server 2014 Expressはアンインストール(削除)しないで、 そのまま残すことをお勧めします。

LAN対応版のサーバパソコンでは、SQL Server 2016をインストール後に、 TCPIP接続の有効化等の作業をSQL Server 2016のインスタンス(k_core2016)に対して行う必要があります。 また、一つのポート(TCP1435)に対して2つのインスタンスを実行することはできませんので、 SQL Server 2014のインスタンス(k_core2014)は停止する必要があります。 TCPIP接続の有効化、インスタンスの停止などの操作は、LAN対応版マニュアルをご覧下さい。

SQL Server 2014のインスタンス(k_core2014)を停止させるには「SQL Server構成マネージャ」を使って、 サービスの停止を行って下さい。 同時に、開始モードを無効にして下さい。 サービスの停止等の操作は、LAN対応版マニュアルをご覧下さい。

3.単体で動作確認

使用する全てのパソコンについて、単体で動作することを確認します。

見積大臣(R)シリーズを起動して、起動時に表示される「ログイン・接続情報」画面で、 「□リモート接続する」チェックボックスをチェックしないで、 さらに、SQL Server 2016を使用する場合には、「ローカルサーバ-インスタンス名」を「k_core2014」から「k_core2016」に変更して、 [OK]をクリックします。 (インスタンス名は大文字・小文字は区別されません)。

変更したインスタンスに何もデータが入力されていない場合には、 会社名の入力画面が表示されますので、会社名だけは入力して下さい。

4.データの復元

サーバパソコンでデータの復元を行って下さい。 データの復元は[復元]ボタンをクリックして、バックアップファイルからデータを復元して下さい。 データの復元はサーバパソコンのみでOKです。

5.リモートのインスタンス名変更(サーバPCでSQL Server 2016を使用する場合)

使用する全てのクライアントパソコンで「見積大臣(R)シリーズ」を起動して、 起動時に表示される「ログイン・接続情報」画面で、サーバPCでSQL Server 2016を使用する場合には、 リモートのインスタンス名を「k_core2016」に変更して、 「□リモート接続する」チェックボックスをチェックして [OK]をクリック後、サーバパソコンに格納されているデータを参照できるか確認して下さい。

お知らせ・ご注意

インストールされているSQL Serverが2012や2008でも、SQL Server 2016に更新する操作方法は、上記と同じです。


トップ
 ・資料請求
経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ
見積ソフト 見積大臣シリーズ(R)
工事経歴書ソフト 入札大臣(R)
建設業許可ソフト 更新大臣(R)
お申し込み
 ・オンラインショップ
 ・FAX
 ・バージョンアップサービス
サポート
 ・お問い合わせフォーム