KnowledgeCore ナレッジコア

トップ >  見積ソフト 見積大臣(R)シリーズ >  FAQ(よくある質問) >  SQL Server Management Studioを使った復元

SQL Server Management Studioを使った復元

Q

SQL Server Management Studioを使った復元方法を教えて下さい。

A

(*1)あらかじめSQL Server Management Studioをインストール しておいて下さい。
(*2)以下は、SQL Server Management Studioの操作手順を説明しています。
SQL Server Management Studioを起動すると、SQL Serverへの接続画面が表示されます。 サーバ名欄に何も表示されない場合には、<参照>を選択して、接続するSQL Serverを選択して、[接続]をクリックして下さい。
SQL Serverへの接続
SQL Server Management Studioを使った復元を行う前に、確実を期すため、最初に、見積大臣(R)のデータベースを1回削除して下さい。
見積大臣(R)データベース 削除
上図のように「見積大臣(R)データベース」は「kc_mitumori」になります。 「kc_mitumori」を選択して、マウス右クリックで表示されるドロップダウンリストの中から「削除」を実行して下さい。 「削除」が終わったら、次に「データベースの復元」を行います。
データベースの復元
上図のように「データベース」を選択して、マウス右クリックで表示されるドロップダウンリストの中から 「データベースの復元」を実行して下さい。下の「データベースの復元」画面が表示されます。
「データベースの復元」画面
「○デバイス」を選択して、[・・・]をクリックすると、下の「バックアップデバイスの選択」画面が表示されます。
バックアップデバイスの選択
[追加]をクリックすると、下のファイル選択画面が表示されますので、バックアップファイルを選択して[OK」をクリックして下さい。 ZIPファイル形式に圧縮されている場合には、解凍後、拡張子「bak」のファイルを指定して下さい。
バックアップファイル選択
[OK]をクリックすると、以下のようにバックアップファイル名が表示されます。
バックアップファイル選択
バックアップファイル名を確認して、[OK]をクリックして下さい。
ファイル オプション
「データベースの復元」画面に戻りますので、確実を期すため、「ファイル」を選択して、 上図のように「□すべてのファイルをフォルダーに移動する」をチェックします。
オプション
さらに、確実を期すため、「オプション」を選択して、上図のように「□既存のデータベースを上書きする」をチェックして、 [OK]をクリックして下さい。復元を開始します。
復元されたデータベース
復元が終了すると、上図のように「kc_mitumori」が復元されます。

お知らせ・ご注意

  1. 上記の操作は、見積大臣(R)シリーズを終了させた状態で行って下さい。
  2. 古いバージョンのSQL Server Management Studioを使用すると、データベースの削除・復元ができないことがありますので、 最新のSQL Server Management Studioを使用して下さい。 最新のSQL Server Management Studioは、メニューでは「Microsoft SQL Server 2016」の中に表示されます。 起動時に「2016」と表示されていれば最新です。
  3. データベースの削除・復元ができない場合には、最新のWindows Updateを適用して下さい。
  4. SQL Serverをインストールしたユーザ以外でデータベースを削除しようとすると失敗することがあります。 SQL Serverをインストールしたユーザに権限が与えられるので、他のユーザで削除しようとしてもできない場合があります。

FAQ(よくある質問)トップへ


トップ
資料請求
機能比較
価格表
お申し込み
オンラインショップ
バージョンアップサービス
製品の特長
階層対応
検索機能
見積番号自動連番
簡易印鑑機能
印鑑画像等登録
LAN対応版
明細入力・原価計算
原価・粗利計算
検索・置換
印刷機能
PDF作成
簡易印鑑機能
マスター登録
単価データ
税抜/税込登録
サポート
FAQ(よくある質問)
印刷サンプル
更新情報
動作環境
お問い合わせフォーム