KnowledgeCore ナレッジコア

トップ >  サポート情報 >  SQL Server 2014 Express

SQL Server 2014 Express | サポート情報 | ナレッジコア(R)

SQL Server 2014 Express(Microsoft SQL Server 2014 Express)は、マイクロソフト社様のデータベースエンジンです。 弊社ソフト「見積大臣(R)シリーズ」と共にインストールして、SQL Server 2014 Expressに見積データ等を格納できます。

アンインストール

SQL Serverは、通常アンインストールする必要はありませんが、何かトラブルが起きて再インストールする場合は、 1度アンインストールする必要があります。この際には以下の点にご注意下さい。

他ソフトでSQL Serverを使用している場合は、SQL Serverをアンインストールすると、 そのソフトにも影響しますので、ご注意下さい。

アンインストールは「コントロールパネル-プログラムの追加と削除」で行いますが、 「Microsoft SQL Server」に関係する複数のものが表示されますので、それらを全て削除(アンインストール)して下さい。

SQL Serverが動作している状態では、削除(アンインストール)できない場合があります。 「コントーローパネル-管理ツール-サービス」の中に「SQL Server」で始まるもので「状態」が開始になっているものは[停止]すれば、 削除(アンインストール)することができるようになります。

アンインストール後、Microsoft SQL Serverのフォルダごと削除しないと、再インストール時に失敗するなどの問題が起きることがあります。 「C:¥Program Files」の中の「Microsoft SQL Server」フォルダをフォルダごと削除して下さい。 64bit版OSの場合には、「C:¥Program Files(x86)」と「C:¥Program Files」の両方にフォルダが存在しますので、 両方を削除して下さい。

上記フォルダの削除が終わったら、念のためパソコンを再起動後、SQL Serverのインストールを行って下さい。

お知らせ・ご注意

  1. SQL Serverの設定変更はこちらをご覧下さい。
  2. SQL Serverを変更する場合にはこちらのFAQをご覧下さい。
  3. SQL Server 2012 Express以降の最大データ容量は10GBです。 SQL Server 2008 Expressは最大4GBですので、2.5倍のデータが格納できます。
  4. 一般的に、新しいバージョンから古いバージョンへデータを移行すると問題が生じるケースがあります。 SQL Server 2014のデータを古いバージョンのSQL Server 2012, 2008へ移行するのはお勧めできません。
  5. SQL Server 2014 の詳細につきましては、マイクロソフト社様のウェブサイト等をご覧下さい。
  6. ここでお知らせしている操作を行う場合には、あくまでも自己責任で行って下さい。

トップ
 ・資料請求
経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ
見積ソフト 見積大臣シリーズ(R)
工事経歴書ソフト 入札大臣(R)
建設業許可ソフト 更新大臣(R)
お申し込み
 ・オンラインショップ
 ・バージョンアップサービス
サポート
 ・お問い合わせフォーム
 ・パソコン高速化(SSD)