KnowledgeCore ナレッジコア

トップ >  見積ソフト 見積大臣(R)シリーズ >  LAN対応版 >  VPN環境

VPN環境 | LAN対応版 | 見積ソフト 見積大臣(R)シリーズ

見積大臣(R)シリーズ LAN対応版は、VPN(Virtual Private Network)環境でもご利用になれます。
ここでは、弊社で動作確認した環境、注意事項等についてお知らせします。

以下の4つのケース(IPsecとPPTPの2つのプロトコルと3種類の回線)で動作確認を行いました。

VPN(Virtual Private Network)環境

結果

クライアントパソコン1IPsec)の使用方法をお勧めします

クライアントパソコン2PPTP)ではリモートのデータ取得・更新に かなり時間がかかります

クライアントパソコン3WiMAX回線)では、 下り7MBPS, 上り1.5MBPS程度の速度が出ている状態でも、使用できません

クライアントパソコン4FORMA回線)では、 すぐに速度制限(注4)がかかり、実用上使い物になりません。

お知らせとご注意

  1. VPN環境をテストした回線、プロトコル等のスペックはこちらをご覧下さい。
  2. お客様の環境でどの程度の速度が出ているかは、「速度 測定」等の検索ワードで検索すれば測定可能なサイトを見つけられます。
  3. パソコン名で接続できない場合(名前解決ができない場合)には、サーバパソコンにローカルな固定IP(IPV4)を割り当てて、 そのIPアドレスを指定してリモート接続して下さい。
  4. 使用するポートは、TCP:1435UDP:1434の2ポートです。 このうちUDP:1434はポート番号を変更できません。
  5. 他地点から接続できない場合には FAQ(よくある質問) LAN対応版 接続不可をご覧下さい。
  6. WiMAX回線の電波強度は中の状態で動作確認を行いました。
  7. FORMA回線(携帯電話回線)では、ある一定のデータ通信量を超えると、速度制限がかかり、通信速度が遅くなります
  8. ADSL回線では、アップロード(上り)速度が遅いので、光回線でのご使用をお勧めします
  9. すべてのVPN機器・ネットワーク環境での動作保証をするものではありません。

トップ
資料請求
機能比較
価格表
お申し込み
オンラインショップ
バージョンアップサービス
製品の特長
LAN対応版
価格表
リモートセッティング
所有者・管理者設定
サーバパソコン
ローカルデータ転送
VPN環境
反応が遅い場合
注意事項
明細入力・原価計算
原価・粗利計算
検索・置換
印刷機能
PDF作成
簡易印鑑機能
マスター登録
単価データ
税抜/税込登録
サポート
FAQ(よくある質問)
印刷サンプル
更新情報
動作環境
お問い合わせフォーム