KnowledgeCore ナレッジコア

トップ >  見積ソフト 見積大臣(R)シリーズ >  LAN対応版 >  反応が遅い場合
    >  パソコン本体が遅いことに起因する場合

パソコン本体が遅いことに起因する場合 | LAN対応版

パソコン本体の動作が遅い場合には、まずSSDへの交換をお勧めします。詳細はこちらをご覧下さい。 SSDへの交換だけで、4~5年前のパソコンが快適に動作するようになったケースは非常に多いです。

また、メモリが不足している可能性がありますので、4GB以下のメモリの場合には、メモリ増設をお勧めします。 (*)32bitOSの場合には、OSの制約によって、最大4GB弱しか認識できません(それ以上増やしても意味はありません)。

単体で動作してみて、特定のパソコンのみの反応が遅い場合には、 遅いパソコン以外をサーバPCとして使用すれば、 全体としては反応速度の向上が期待できます。 サーバPCを変更する際の設定方法はリモートセッティングをご覧下さい。

お知らせ・注意事項

  1. 「見積書-選択」画面の表示が遅い場合はこちらをご覧下さい。
  2. SSDへの交換等は、自己責任で行って下さい。SSD交換に関するサポート・保証等は、弊社では一切行いません。

トップ
資料請求
機能比較
価格表
お申し込み
オンラインショップ
バージョンアップサービス
製品の特長
LAN対応版
価格表
リモートセッティング
所有者・管理者設定
サーバパソコン
ローカルデータ転送
VPN環境
反応が遅い場合
注意事項
明細入力・原価計算
原価・粗利計算
検索・置換
印刷機能
PDF作成
簡易印鑑機能
マスター登録
単価データ
税抜/税込登録
サポート
FAQ(よくある質問)
印刷サンプル
更新情報
動作環境
お問い合わせフォーム