KnowledgeCore ナレッジコア

トップ >  経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ >  申請書 >  技術職員名簿

技術職員名簿 作成機能 | 経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ

技術職員名簿「氏名の選択」

技術職員名簿は、あらかじめ社員登録をしておけば、氏名を選択するだけです。 生年月日と年齢は選択入力時に自動設定されます。 同時に備考欄に氏名フリガナが自動設定されますので、後で五十音順で並び替えることも簡単です。

また、技術職員名簿から技術職員数を自動計算して、評点算出時の技術職員数に設定できます。 1級が何人、2級が何人、その他が何人といちいち手計算する必要がありません。

さらに、社員データを登録してあるエクセルファイル等があれば、 CSVファイル(カンマ区切りのテキストファイル)形式で取り込むことができます。

生年月日を西暦で印刷・プレビュー・PDF作成 新機能

生年月日を西暦で印刷・プレビュー・PDF作成

生年月日を西暦で印刷・プレビュー・PDF作成できるように機能追加しました。 技術職員名簿では、生年月日を和暦で記載しますが、西暦で印刷することによって、単に引き算で年齢計算ができますので、 簡単に年齢確認ができます。

この機能を利用するには、「技術職員名簿」作成画面のメニューから「ファイル-生年月日を西暦で確認」から行って下さい。

業種コードの選択

業種コードの選択

業種コードはコードと業種名がドロップダウンリストに表示されるので、簡単に選択入力できます。 印刷時には、コードのみが印刷されます。

業種コード選択後は、「講習受講」欄が自動的に「2:その他」に選択されます。 一般的には「2:その他」が選択されることが多いので、入力の手間を省くためにそのような仕様に変更しました。

有資格区分コードの選択

有資格区分コードの選択

有資格区分コードも同様にコードと内容がドロップダウンリストに表示されるので、簡単に選択入力できます。 印刷時には、コードのみが印刷されます。

技術者資格コードに点数を付記

技術者資格コードに点数を付記

リスト表示する技術者資格コードの後に、点数を付記しています。 この機能によって、資格選択時に簡単に点数を把握できます。

リストに表示される点数は5点、3点、2点、1点の4種類です。 6点は講習受講を選択したときに6点と評価されます。

並び替え

生年月日・年齢・新規順・五十音の並び替えが可能です。 個別に順番を1行ずつ入れ替えるには、移動したい行の左端をマウスドラッグすることで、移動できます。

重複業種チェック

解体工事業及び経過措置が追加されることによって、 1人の技術職員について2業種までとされていた制約が変更になりました。 加点対象となる業種が重複すると、 技術力評点Zで損することになります( 詳細はこちら)。 そこで、重複する業種コードを選択したときに、警告メッセージを表示する 重複業種チェック機能を実装しています。

満年齢の更新

昨年作成した技術職員名簿を再利用するには、満年齢を+1する必要がありますが、 年齢更新機能を使用すればワンタッチで一括更新できます。

技術職員名簿から他の申請書を作成

作成した技術職員名簿データを元に他の申請書を簡単に作成できます。
  継続雇用の適用を受けている技術職員名簿
  関東地方整備局 001,002及び099資格の技術職員名簿
  近畿地方整備局 技術職員名簿データ(200名以上)1級監理受講者名簿

生年月日を省略形に一括変換

生年月日を「S40.01.01」のように省略形に一括変換できます。 省略形から通常表記への逆変換も可能です。 詳細はこちらをご覧下さい。

提出時には、許可行政庁の記載要領にあわせて提出されることをお勧めします。

「技術職員数、若年技術職員数、新規若年技術職員数」の自動計算・若年技術者加点判定

「技術職員数(A)、若年技術職員数(B)、新規若年技術職員数(C)」の自動計算と若年技術者の加点に該当するかどうか、判定することも可能です。

「技術職員数、35歳未満技術職員数、新規35歳未満技術職員数」読み込み

評点算出画面から「技術職員数 読み込み」を実行すると、「その他審査項目」欄の 「技術職員数(A)、35歳未満技術職員数(B)、新規35歳未満技術職員数(C)」欄も読み込みできます。

技術職員数 累計印刷

経審大臣Premium(R)では、 技術職員数A, 若年技術職員数B, 新規若年技術職員数Cの累計印刷(プレビュー、印刷、PDF作成)が できます(詳細はこちら)。

お知らせ

  1. 行の移動(技術職員の順番入れ替え)はマウスドラッグで行えます。行の最左列「No.」欄をマウスドラッグすれば、行の移動ができます。
  2. 「行挿入/行削除/行コピー/行貼り付け」はマウス右クリックのポップアップメニューから行えます。
  3. 「通番○印」で「○」を選択すると、通番欄を丸で囲みます。
  4. 「出向」を選択すると、表の左側に「出」を印刷します。
  5. エクセルファイルとして作成できます。エクセル出力がご利用頂けます。
  6. エクセル出力に対応している地方整備局・都道府県等はこちらをご覧下さい。
  7. 都道府県によっては、年齢順など、記載順序が指定されている場合があります。

トップ
 ・資料請求
経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ
見積ソフト 見積大臣シリーズ(R)
工事経歴書ソフト 入札大臣(R)
建設業許可ソフト 更新大臣(R)
お申し込み
 ・オンラインショップ
 ・FAX
 ・バージョンアップサービス
サポート
 ・お問い合わせフォーム