KnowledgeCore ナレッジコア

トップ >  見積ソフト 見積大臣(R)シリーズ >  LAN対応版 >  リモート接続の有効化

リモート接続の有効化 | LAN対応版 | 見積ソフト 見積大臣(R)シリーズ

SQL Server Expressは、ディフォルトではリモート接続ができないようになっています。 ここでは、SQL Server Expressをリモート接続できるように設定します。

リモート接続の有効化のためには、以下の3つの設定が必要です。

  1. TCP/IP接続の有効化
  2. ファイアウォールの設定
  3. SQL Server Browserの起動

TCP/IP接続の有効化

TCP/IP接続の有効化は、サーバPCに対して設定を行います。 クライアントPCについては設定の必要はありません。 スタートメニューから「すべてのプログラム-Microsoft SQL Server 2016 -構成ツール-SQL Server 構成マネージャ」を実行します。

詳細はこちらをご覧下さい。

ファイアウォールの設定

ファイアウォールの設定は、サーバPCとクライアントPCの両方について設定を行います。 ディフォルトでは、特定のポート以外はファイアウォールによって外部から接続できないようになっています。 このため、LAN対応版として使用するパソコンでは、SQL Serverで使用するポートに規則を設定して、外部から接続できるようにする必要があります。

設定するポートは、以下の2つです。
  ・TCP  1435ポート
  ・UDP  1434ポート

詳細はこちらをご覧下さい。

SQL Server Browserの起動

「SQL Server Browser」は、ディフォルトでは無効になっていますので、パソコン起動時に自動開始するように設定します。

設定は、スタートメニューから「すべてのプログラム-Microsoft SQL Server-構成ツール-SQL Server 構成マネージャ」を実行します。 詳細はこちらをご覧下さい。


トップ
資料請求
機能比較
価格表
お申し込み
オンラインショップ
バージョンアップサービス
製品の特長
LAN対応版
価格表
リモートセッティング
所有者・管理者設定
サーバパソコン
ローカルデータ転送
VPN環境
反応が遅い場合
注意事項
明細入力・原価計算
原価・粗利計算
検索・置換
印刷機能
PDF作成
簡易印鑑機能
マスター登録
単価データ
税抜/税込登録
サポート
FAQ(よくある質問)
印刷サンプル
更新情報
動作環境
お問い合わせフォーム