KnowledgeCore ナレッジコア

トップ >  見積ソフト 見積大臣(R)シリーズ >  LAN対応版 >  リモート接続の有効化
    >  SQL Server Browser起動

SQL Server Browser起動 | LAN対応版 | 見積ソフト見積大臣(R)シリーズ

「SQL Server Browser」は、ディフォルトでは無効になっていますので、パソコン起動時に自動開始するように設定します。

スタートメニューから「すべてのプログラム-Microsft SQL Server -構成ツール-SQL Server 構成マネージャ」を実行します。

Sql Server Configuration Manager

「Sql Server Configuration Manager」画面

「Sql Server Configuration Manager」画面では、「SQL Serverのサービス」が選択されていることを確認してから 「SQL Server Browser」をダブルクリックします。

SQL Server Browserのプロパティ 「開始モード」を「無効」から「自動」に変更

SQL Server Browserのプロパティ

「SQL Server Browserのプロパティ」画面では、「サービス」タブを選択して、「開始モード」を「無効」から「自動」に変更して [適用]ボタンをクリックして下さい。

SQL Server Browserのプロパティ サービスの開始

SQL Server Browserサービスの開始

「ログオン」タブを選択して、[開始]ボタンをクリックして下さい。

SQL Server Browserの開始状態確認

SQL Server Browserサービスの開始状態確認

「SQL Server Browser」の状態が「実行中」で、かつ、開始モードが「自動」であることを確認して下さい。


トップ
資料請求
機能比較
価格表
お申し込み
オンラインショップ
バージョンアップサービス
製品の特長
LAN対応版
価格表
リモートセッティング
所有者・管理者設定
サーバパソコン
ローカルデータ転送
VPN環境
反応が遅い場合
注意事項
明細入力・原価計算
原価・粗利計算
検索・置換
印刷機能
PDF作成
簡易印鑑機能
マスター登録
単価データ
税抜/税込登録
サポート
FAQ(よくある質問)
印刷サンプル
更新情報
動作環境
お問い合わせフォーム