KnowledgeCore ナレッジコア

トップ >  工事経歴書 >  注文者登録

注文者登録 | 工事経歴書作成機能

注文者は、あらかじめマスター登録しておけば、選択するだけで入力できます。

公共工事の受注が多い企業様のために、都道府県を選択するだけで、都道府県市区町村名を登録できます。

さらに、テキストファイル入力機能を使えば、作成済みの注文者を読み込んで使用できます。

都道府県名を追加

「注文者 登録」画面メニュー「ファイル-都道府県名を追加」

都道府県名を追加するには「注文者 登録」画面のメニューから「ファイル-都道府県名を追加」を実行します。

「都道府県 選択」画面

「都道府県 選択」画面が表示されます。 ディフォルトでは、「基礎情報-住所」欄に入力した都道府県名がチェックされます。

追加する都道府県をチェックして、[次へ]をクリックして下さい。

「注文者 追加」画面

「注文者 追加」画面が表示されます。 追加してよければ、[追加]をクリックします。

「□登録済の注文者を削除してから追加」をチェックしてから[追加]をクリックすると、登録済の注文者を削除してから追加します。

市区町村名を追加

「注文者 登録」画面メニュー「ファイル-市区町村名を追加」

市区町村名を追加するには「注文者 登録」画面のメニューから「ファイル-市区町村名を追加」を実行します。

「都道府県 選択」画面

「都道府県 選択」画面が表示されます。

「□都道府県名を付ける」チェックボックスをチェックしておくと、市区町村名の前に都道府県名が追加されます。

追加する都道府県をチェックして、[次へ]をクリックして下さい。

「注文者 追加」画面

「注文者 追加」画面が表示されます。 追加してよければ、[追加]をクリックします。

「□登録済の注文者を削除してから追加」をチェックしてから[追加]をクリックすると、登録済の注文者を削除してから追加します。

区分

注文者には「区分」欄があります。区分欄には、「法人」「個人」「その他」の3つを選択できます。

個人以外を選択した場合には、「工事経歴書 個人名一括変換」機能では、 変換候補にリストアップされません。

旧バージョンでは、「敬称」欄だったものを「区分」欄として使用しています。

未設定の区分を名称から自動設定

区分が未設定の場合には、「マスターデータ-注文者」登録画面のメニューから「ファイル-未設定の区分を名称から自動設定」を実行して下さい。 「法人」「個人」「その他」の中から自動設定します。

お知らせ・ご注意

  1. 市区町村名は、郵便番号辞書から取得しています。 このため、不要な市区町村名等が登録される場合がありますが、その場合には、追加後に「注文者 登録」画面で削除して下さい。
  2. 都道府県市区町村名の追加時には、「区分」欄は「その他」に設定されます。
  3. テキストファイル入力機能を使えば、作成済みの注文者を読み込んで使用できます。
  4. 注文者に都道府県市区町村名を追加する機能は、 経審大臣(R)シリーズ入札大臣(R)でサポートしています。

トップ
 ・資料請求
経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ
見積ソフト 見積大臣シリーズ(R)
工事経歴書ソフト 入札大臣(R)
建設業許可ソフト 更新大臣(R)
お申し込み
 ・オンラインショップ
 ・バージョンアップサービス
サポート
 ・お問い合わせフォーム
 ・パソコン高速化(SSD)