KnowledgeCore ナレッジコア

トップ >  工事経歴書 >  都道府県市区町村名 1行/2行表示・印刷・一括変換

都道府県市区町村名 1行/2行表示・印刷・一括変換 | 工事経歴書

都道府県名と市区町村名は、それぞれ2行に分けて印刷したほうが、一般的には見栄えがよくなります。 都道府県市区町村名を常に2行で印刷できます。

「工事経歴書 設定」画面

「工事経歴書-設定」画面で、「□都道府県市区町村名を常に2行で印刷」をチェックしておくと、 印刷時に都道府県市区町村名を常に2行で印刷します。 この設定は、Excel出力時にも有効です。

従来は、都道府県市区町村名の選択入力時に2行にするようにしていましたが、 この場合には、2行のものと1行のものが混在する可能性がありました。

そこで、「□都道府県市区町村名を常に2行で印刷」をチェックしておくと、 都道府県市区町村名が1行または2行のどちらで入力されていても、常に2行で印刷できます。 また、このチェックボックスをオフにすれば、従来通り印刷することも可能です。

「工事経歴書 操作」メニュー

さらに、入力済みの都道府県市区町村名は、一括して2行または1行に変換できます。

メニューから「操作-都道府県市区町村名 一括変換」を実行します。

ご注意

  1. 単票入力画面または表形式入力で、都道府県市区町村名を選択入力したときは、 「工事経歴書 設定」画面の設定に基づいて1行または2行で設定されます。
  2. 都道府県市区町村名を1行に印刷する設定にしていても、欄内に入りきらない場合には自動的に改行されて印刷されますが、 この場合には、どこで改行されるかわかりませんので、見栄えが悪くなります。 その点、2行にする設定にしておけば、都道府県名と市区町村名がそれぞれ1行に分かれて印刷されます。
  3. 都道府県市区町村名1行/2行表示・印刷・一括変換機能は、 経審大臣(R)シリーズ入札大臣(R)でサポートしています。

トップ
 ・資料請求
経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ
見積ソフト 見積大臣シリーズ(R)
工事経歴書ソフト 入札大臣(R)
建設業許可ソフト 更新大臣(R)
お申し込み
 ・オンラインショップ
 ・FAX
 ・バージョンアップサービス
サポート
 ・お問い合わせフォーム