KnowledgeCore ナレッジコア

トップ >  サポート情報 >  Windows 10

Windows 10 | サポート情報 | ナレッジコア(R)

Windows 10は、4ヶ月に1回程度の頻度で、大規模アップデートがあります。 このため、最近購入したばかりのWindows 10パソコンでも、最新のWindows環境ではない可能性があります。

アプリケーションソフトをインストールする前に、Windows Updateを行って、 Windowsを最新の状態にしてからアプリケーションソフトをインストールして下さい。

Windows Update

スタートメニュー「設定」

Windows Updateを行うには、画面左下の「スタートメニュー」から「設定」を実行します。

「設定」画面

「設定」画面では、「更新とセキュリティ」をクリックします。

「Windows Update」画面

「更新とセキュリティ」画面では、通常は、更新があったら自動でダウンロードと更新が行われます。

最新の更新が適用済の場合には、「お使いのデバイスは最新の状態です。」と表示されます。

Windows Update 詳細設定

「Windows Update」画面

Windows Updateの設定を変更・確認するには、「詳細オプション」をクリックします。

「Windows Update」詳細画面

Windows 10では、ディフォルトでWindows Updateを実行したときに、Windows以外のマイクロソフト社製品も同時にアップデートされます。

「□Windowsの更新時に他のMicrosoft製品の更新プログラムも入手します」は通常チェックされています。

ドキュメントフォルダ

Windows 10の「ドキュメント」フォルダは、Windows 7の「(ユーザ名の下の)ドキュメント」に該当します。

弊社ソフトのデータが保存されるディフォルトフォルダは、「パブリックのドキュメント」フォルダになります。 エクスプローラ等で表示するには、 [ PC ] → [ ローカル ディスク(C:) ] → [ ユーザー ] → [ パブリック ] → [ パブリックのドキュメント] の順に移動して下さい。

「パブリックのドキュメント」フォルダを、デスクトップ上にショートカットを作成しておくと便利です。 デスクトップ上にショートカットを作成するには、エクスプローラで「パブリックのドキュメント」フォルダを表示させて、その上でマウス右クリックして ドロップダウンメニューから [ 送る ] → [デスクトップ(ショートカットを作成) ] を実行します。

お知らせ・ご注意

  1. Windows 10標準の日本語変換をご使用のお客様で、漢字入力や変換できなかったり、 不安定な場合にはこちらをご覧下さい。
  2. Windows Updateでプログラム更新できるようになっているため、ここでお知らせした内容も将来変更される可能性があります。
  3. Windows 10のリリース情報は以下のマイクロソフト社サイトをご覧下さい。
      マイクロソフト社 Windows 10 リリース情報

トップ
 ・資料請求
経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ
見積ソフト 見積大臣シリーズ(R)
工事経歴書ソフト 入札大臣(R)
建設業許可ソフト 更新大臣(R)
お申し込み
 ・オンラインショップ
 ・FAX
 ・バージョンアップサービス
サポート
 ・改元への対応
 ・Windows 10大規模アップデート
 ・パソコン高速化(SSD)
 ・ファイル共有
 ・スリープ設定
 ・エクセル出力
 ・ライセンス認証
 ・SQL Server2017
 ・SQL Server2016
 ・OS選択
 ・Windows 10
 ・Windows Update
 ・SQL Server2014
 ・Management Studio
 ・お問い合わせフォーム