KnowledgeCore ナレッジコア

トップ >  サポート情報 >  改元に向けた弊社対応について

改元に向けた弊社対応について | サポート情報 | ナレッジコア(R)

本年5月(2019年5月1日)に改元(平成でなくなること)が予定されています。 弊社では、日付の入力・変更時には、できるだけ和暦と西暦を併記するように変更していきます。

和暦と西暦を併記することによって、間違った日付で提出するリスクを軽減できます。

さらに、和暦年と西暦年については、どちらで設定しても日付を指定できるように変更し、 改元への対応準備を進めていきます。

和暦と西暦の併記への対応

和暦と西暦の併記への対応については、下記事項については、すでに対応済です。

  1. 社員マスターデータの誕生日入力(単票登録画面):
    経審大臣(R)シリーズ入札大臣(R)更新大臣(R)の 2018年11月19日アップデートで対応
  2. 「工事経歴書-単票入力」画面 工事開始日と終了日の入力:
    入札大臣(R)経審大臣(R)シリーズの2018年8月16日アップデートで対応

和暦入力した誕生日を西暦表示して正しい年が入力されているか確認機能の追加

和暦で入力した誕生日を、西暦で印刷・プレビュー・PDF作成することによって、正しい年が入力されているか確認できます。 下記事項については、すでに対応済です。

  1. 「技術職員名簿」作成画面と「社員マスターデータ」登録画面:
    経審大臣(R)シリーズの2018年9月27日アップデートで対応

お知らせ・ご注意

  1. 新しい元号への対応については、新しい元号が発表された後に、新しい元号に対応した新バージョンからになります。

トップ
 ・資料請求
経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ
見積ソフト 見積大臣シリーズ(R)
工事経歴書ソフト 入札大臣(R)
建設業許可ソフト 更新大臣(R)
お申し込み
 ・オンラインショップ
 ・FAX
 ・バージョンアップサービス
サポート
 ・Windows 10 漢字入力・変換できない
 ・アプリが勝手にインストール
 ・Windows 10大規模アップデート
 ・パソコン高速化(SSD)
 ・ファイル共有
 ・スリープ設定
 ・エクセル出力
 ・ライセンス認証
 ・SQL Server2017
 ・SQL Server2016
 ・OS選択
 ・Windows 10
 ・Windows Update
 ・SQL Server2014
 ・Management Studio
 ・お問い合わせフォーム