KnowledgeCore ナレッジコア

トップ >  見積ソフト 見積大臣(R)シリーズ >  FAQ(よくある質問) >  使い方・操作方法

使い方・操作方法 | FAQ | 見積ソフト 見積大臣(R)シリーズ

Q:

過去に作成した見積書をまとめて削除したいのですが?

A:

日付指定の見積書一括削除で、指定日よりも以前に更新した見積書を一括して削除できます。

あるいは、「見積書-選択」画面で、範囲指定して見積書を削除できます。

「見積書-選択」画面で、削除したい最初の見積書をマウスクリックで選択後、 削除したい最後の見積書をシフトを押しながらマウスクリックで選択すると、その範囲の見積書が選択されますので、 [削除]ボタンをクリックして下さい。

詳細は、「見積書-選択」画面の複数選択削除をご覧下さい。

Q:

入力済の日付をクリアしたいのですが?

A:

日付のクリアは、マウスで消したい日付の項目の内容を全て選択状態(反転表示状態)にして、 DELキーで一気に消して下さい。 画面上には「___ __ 」のようにアンダーバーが残りますが、印刷時には印刷されません。

Q:

「見積書-設定」画面で設定した様式で、請求書を印刷できません。

A:

請求書の様式は、「見積書-設定-印刷」画面で、「□納品書、請求書、物品受領書に見積書と同じ様式を使用」が チェックされていない場合には、「環境設定」画面で行います。 「環境設定」画面は、起動時のメニュー画面から[環境設定]ボタンをクリックすると表示できます。

Q:

起動時に「ローカルデータベースに接続できません」等エラーが表示されますが?

A:

見積大臣(R)シリーズ本体の他に、SQL Serverがインストールされている必要があります。 SQL Serverがインストールされているかご確認下さい。

SQL Serverがインストールされている場合には、Windows Updateを行って最新のWindows環境にして下さい。 Windows Updateにつきましてはこちらをご覧下さい。

Q:

USBメモリへのバックアップができませんが?

A:

USBメモリなどのリムーバブル記憶域へバックアップしようとすると、バックアップできないことがあります。 この場合には、1度パソコン内部のディスクにバックアップを取った後、ご自分で、USBメモリ等へコピーして下さい。

USBメモリなどのリムーバブル記憶域へバックアップができない原因は、 パソコン自体の問題あるいはUSBメモリ自体の問題が考えられます。 USBメモリなどのリムーバブル記憶域へバックアップができない場合には、別のパソコンで試してみるか、 別のUSBメモリ等を使って試してみてください。

Q:

設定情報を完全に削除したいのですが?

A:

現在のバージョンでは、設定情報は設定ファイルに残るように仕様変更しています。
通常、設定情報が残っていても問題はありませんが、削除したい場合には以下のプログラムを使って設定ファイルを削除して下さい。 設定ファイル削除プログラムを 実行して、該当する製品を選択後、[削除実行]を行って下さい。

  1. 上記プログラムは、プログラムがインストールされた状態で、かつ、 見積大臣(R)シリーズのプログラム本体を終了させた状態で、ご使用下さい。
  2. 設定情報を削除しても、データファイルが消えることは通常ありません。

Q:

起動時にエラー終了してしまうのですが?

A:

設定情報がおかしくなっている可能性があります。 「見積大臣(R) Ver 3.0」以降では、上記のFAQ 設定情報を完全に削除したいのですが?を行って下さい。 上記操作を行っても、データが消えることは通常ありません。

この問題が生じた場合には、Windows Updateを行って最新のWindows環境にして下さい。 Windows Updateにつきましてはこちらをご覧下さい。


トップ
 ・資料請求
経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ
見積ソフト 見積大臣シリーズ(R)
工事経歴書ソフト 入札大臣(R)
建設業許可ソフト 更新大臣(R)
お申し込み
 ・オンラインショップ
 ・バージョンアップサービス
サポート
 ・お問い合わせフォーム
 ・パソコン高速化(SSD)