KnowledgeCore ナレッジコア

トップ >  見積ソフト 見積大臣(R)シリーズ >  FAQ(よくある質問)
    >  SQL Server Management Studioを使ったバックアップ

SQL Server Management Studioを使ったバックアップ

Q: SQL Server Management Studioを使ったバックアップ方法を教えて下さい。

(*1)あらかじめSQL Server Management Studioをインストール しておいて下さい。
(*2)以下は、SQL Server Management Studioの操作手順を説明しています。

SQL Server Management Studioを起動すると、SQL Serverへの接続画面が表示されます。 サーバ名欄に何も表示されない場合には、<参照>を選択して、接続するSQL Serverを選択して、[接続]をクリックして下さい。

SQL Serverへの接続

接続できたら、下図のように「データベース」を選択して下さい。

データベースのバックアップ

「見積大臣(R)データベース」は「kc_mitumori」になりますので、「kc_mitumori」を選択して、 マウス右クリックで表示されるドロップダウンリストの中から「タスク-バックアップ」を実行して下さい。 下の「データベースのバックアップ」画面が表示されます。

「データベースのバックアップ」画面

[追加]をクリックすると、下の「バックアップ先の選択」画面が表示されます。

「バックアップ先の選択」画面

[・・・]をクリックすると、下の「データベースファイルの検索」画面が表示されます。

データベースファイルの検索

右のスクロールバーをスクロールすると、バックアップファイルを保存するフォルダを指定できますので、 最初にフォルダを指定して下さい。

データベースファイルの検索

バックアップファイルを保存するフォルダを指定後、ファイル名を入力して下さい。 拡張子は、「bak」にして下さい。 フォルダとファイル名を指定後、[OK]をクリックすると、以下の「バックアップ先の選択」画面が表示されます。

「バックアップ先の選択」画面

バックアップファイル名を確認して、よろしければ[OK]をクリックして下さい。

「データベースのバックアップ」画面

指定したバックアップファイル名が追加・選択されますので、よろしければ[OK]をクリックして下さい。 バックアップファイルが作成されます。

お知らせ・ご注意

  1. ここでお知らせした「SQL Server Management Studioを使ったバックアップ」は、何らかの理由で、 見積大臣(R)シリーズが起動できないなど、見積大臣(R)シリーズでバックアップができないときに行って下さい。 通常は、見積大臣(R)シリーズを使ってバックアップを行うことをお勧めします。

トップ
 ・資料請求
経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ
見積ソフト 見積大臣シリーズ(R)
工事経歴書ソフト 入札大臣(R)
建設業許可ソフト 更新大臣(R)
お申し込み
 ・オンラインショップ
 ・バージョンアップサービス
サポート
 ・お問い合わせフォーム
 ・パソコン高速化(SSD)