KnowledgeCore ナレッジコア

トップ >  工事経歴書 >  並び替え

並び替え | 工事経歴書作成機能

工事経歴書の指定順序に並び替えできます。
並び替えを行うと、各工事の「□有効」チェックボックスも自動設定されます。 「元請代金7割超」「請負代金7割超」に該当しない工事は「□有効」チェックボックスのチェックが外されます。
請負代金、「元請/下請」、「官公庁/民間」、着工年月日、完成年月日などの指定した順番で並び替えを行うこともできます。 並び替えを行ったあとも、行の追加、削除、移動が自由にできます。 「(完成工事)」「(主な未成工事)」といった完成工事・未成工事の開始行を並び替え後に自動挿入できます。

さらに、先頭から「請負代金7割超」の工事を赤字で表示し、 「元請代金7割超」の工事は青字で表示しますので、どこまで記載する必要があるか、一目瞭然です。 なお、「請負代金7割超」の工事と「元請代金7割超」の工事が同じになったときには、赤字で表示されます(青字は表示されません)。

操作方法

工事経歴書 操作メニュー

工事経歴書の並び替えは、工事経歴書入力画面のメニューから「操作-並び替え」を実行します。

「工事経歴書 並び替え」画面

メニューを選択すると、以下の「工事経歴書 並び替え」画面が表示されます。

ディフォルトでは、平成20年4月改正様式の指定順序に並び替えできます。 そのままでよければ、[実行]をクリックして、並び替えを行って下さい。

「□平成20年4月改正様式順」のチェックを外すと、第一条件等を個別に指定できます。

お知らせ

  1. 並び替えは何度でも行うことができます。並び替えを行った後で行の追加・移動も自由にできます。
  2. 「元請代金7割超」「請負代金7割超」の判定は、合計印刷欄に入力された請負代金・元請代金合計金額から判定されます。 この合計印刷欄は、自動計算させることも、ご自分で入力することも可能です。 ご自分で入力すれば、全ての工事を入力しなくても7割超の判定が正確に行えます。
  3. 複数のデータファイルは「連結」機能を使用すれば、1つのデータファイルにまとめることができます。
  4. 工事経歴書並び替え機能は、経審大臣(R)シリーズ入札大臣(R)でサポートしています。

トップ
 ・資料請求
経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ
見積ソフト 見積大臣シリーズ(R)
工事経歴書ソフト 入札大臣(R)
建設業許可ソフト 更新大臣(R)
お申し込み
 ・オンラインショップ
 ・FAX
 ・バージョンアップサービス
サポート
 ・お問い合わせフォーム
 ・パソコン高速化(SSD)